keyboard_arrow_right
2018ロシアワールドカップに着用するドイツ代表ユニフォーム

2018ロシアワールドカップに着用するドイツ代表ユニフォーム

ドイツ代表はドイツサッカーリーグを属しています。サッカーナショナルチームの一つです。世界で歴史上にはもっとも長くて、成績が一番輝かしいと言います。ワールドカップ優勝3回、1954年からの連続出場、ユーロ優勝3回と1972年からの連続出場の実績を誇るドイツ代表がFIFAワールドカップでの成績は優勝4回、準優勝4回、決勝戦には8回進出しています。

ドイツの伝統は力と技術の完璧な結合しており、どうな戦術とか技術など全部で適応するできます。深いサッカー文化、優れた成績、そして先進的なサッカースタイルは世界サッカーの流行を引かれています。

今年最後の代表戦となる、注目のイングランド代表、そしてフランス代表とのテストマッチを目前に控え、ドイツサッカー連盟は2018年ロシアW杯に向けた新ユニフォームを発表しました。今回アディダス社によるユニフォームは、27年前にイタリアでドイツ代表が優勝したユニフォームを思い起こさせるデザインとなっています。

2018ドイツ代表ユニフォームホーム2018ドイツ代表ユニフォームホーム

ドイツの2018ワールドカップ新しいユニフォームは今回はドイツ国旗の色である黒、赤、金ではなく、モノトーンとなって、マッツ・フメルスは「もちろん1990年の代表のユニフォームのことは良く知っているし、あのときのことを連想するよね。ワールドカップにむけてワクワクするよ」とコメントしました。

アディダス象徴としているの「三本線」が両肩に配置して、長さも微妙だと思われます。胸の中央には、前回大会王者の証となるチャンピオン・エンブレムを刻みます。背面の首元には「チーム」を意味する代表チームの愛称「Die Mannschaft」を刻まれています。今回のユニフォームの初お披露目は、ウェインブレイにて行われたイングランド代表戦で、ドイツ国内ではその後にケルンで行われたフランス代表戦で着用されました。

ドイツ代表歴代ユニフォーム

1990年の東西ドイツ統一後はユニフォームもエンブレムも記録も西ドイツ代表のものを継承します。サークル状のエンブレムの中心に描かれている鷲は、ドイツの国章に由来しています。鷲は中世ドイツから当時の権力者の紋章として用いられてきた権力の象徴でもあります。2004ホームユニフォーム以来、胸中央に配置されていたadidasパフォーマンスロゴは右胸に移動しています。2010ユニではゴールドに輝いていた星が、2012ユニから黒い3スタースターへ変貌し、黒一色の星はドイツ代表ユニフォーム史上初となります。その時代にドイツ代表を支えていたユニフォームの変遷を紹介します。

2016-17年(adidas)

ドイツ代表が2016-17年adidasニューモデルを正式リリースした。6月にロシアで行われるコンフェデレーションズカップ着用モデルとなる。身頃に描かれたグラデーションパターンは、1990イタリアW杯優勝時に準決勝イングランド戦で着用されたアウェイモデルをほうふつとさせる。ホワイト基調で、首元には国旗カラーがさりげなついています。フロント中央には過去の栄光を表現した「成功のバーコード」のグラフィックで入れられています。

2016-17ドイツ代表ユニフォーム
2014-15年(adidas)
W杯で3度の優勝を誇りながら、東西ドイツの統一以降は準優勝1回、3位2回、そしてベスト8が2回と、毎回上位までは来るものの頂には届いていないドイツが、2014ブラジルW杯大会も予選で圧倒的な強さを見せ、16大会連続18回目の出場を果たした彼らが、ブラジルW杯に向けた新ユニフォームを発表しました。
目を引くのは、ドイツ国旗をイメージしてグラデーションでデザインされたV字型のモチーフです。国旗カラーの3色で塗り分けられることが多かった3度のW杯制覇(1954、1974、1990)を表す星はシルバーで統一されています。胸前に「結束の一本線」に当たるところには国旗カラーのラインがあります。
2014-15ドイツ代表ユニフォーム
2013-14年(adidas)
ブラジルW杯着用モデルで、胸部に赤の濃淡で描かれたV字のパネルがデザインポイントになっています。世界的な「全身同色」トレンドを受け、パンツも白の「全身白」がメインコーディネートとなったが、これは優勝した74年西ドイツW杯のポーランド戦で着用されたものをオマージュしています。世界チャンピオンの証であるパッチが胸に入っています。3つ星から星4つになった4STARモデルになります。
2013-14ドイツ代表ユニフォーム
2012-13年(adidas)
ユーロ2012、ブラジルW杯予選着用モデルで、2011年6月に早くもリーク情報が流れ、9月に正式リリース、11月のウクライナ戦で投入されました。国旗の3色のピンストライプがバイアスに入った、シンプルだがセンスのいいデザインです。ユーロ本大会では対戦国国旗プリントが入リました。
2012-13ドイツ代表ユニフォーム
2010-11年(adidas)
協会エンブレムを縦に貫く11本のライン(ピッチの11人を象徴)が特徴です。
デザインは3度のワールドカップ優勝(1954年、1974年、1990年)を意識しているとのことだが、特に54年モデルに似たシンプルなデザインとなっています。
エンブレムを縦に貫いて走る11本のラインは11人の選手を表し、中央の3本ラインは黒、赤、金の国旗の3色に塗り分けられています。
2010-11ドイツ代表ユニフォーム
2008-09年(adidas)
南アフリカW杯予選では、ロシアとのマッチレースを制し、本大会出場を果たしました。胸を横切る国旗色のラインと、左胸の協会エンブレムを一体化させたデザインが秀逸です。アウェイモデルは赤×黒にゴールドを散らせて、重厚感・高級感が増しました。
2008-09ドイツ代表ユニフォーム
2006-07年(adidas)
ホスト国として迎える06年もやはりシンプルです。解散国として迎えるワールドカップには新戦力充実し、上位争いは必至します。両肩の3本ラインは布地縫い付け、胸のドイツチームロゴはワッペンぬいます。右裾には偽造防止ホログラム付きます。
2006-07ドイツ代表ユニフォーム
2004-2005年(adidas)

ユーロ2004グループリーグ敗退から、コンフェデレーションズカップ3位まで立て直してきた史上初の赤モデルです。しかしテストマッチでも、韓国、スロバキア、トルコに敗れるなど安定感はありません。クリンスマン監督の好みとも言われているがインパクトはあり、テストマッチでの着用回数も多いです。

2004-05ドイツ代表ユニフォーム

 

人気なサッカー選手ーーートーマス・ミュラー

トーマスミュラーは1989年9月13日、ヴァイルハイム身のプロサッカー選手です。ドイツ代表選手としていつも活躍しています。優れたスピード、テクニック、落ち着き、安定した得点率、スコアリングの機会を創造する能力で広く評価されました。

TSVペールでプレーしていたが、10歳の2000年にバイエルン・ミュンヘンの下部組織に移りました。バイエルンのユーストレーニングシステムでは、ミュラーは急速に進歩し、2007年には19歳未満のブンデスリーガで2位を獲得したチームの一員になりました。

2010年南アフリカ大会は、ミューラーがワールドカップに参加したのは初めてで、ゴールデンブーツを獲得するために5ゴールと3アシストを送リました。 2014年のワールドカップでは、ミュラーはワールドカップ優勝に重要な役割を果たし、2回目のストライカーのシルバーブーツ賞を獲得するために5ゴールを決め、ワールドカップオールスターチームに選出されました。ロシアの2018ワールドカップは、彼が記録的なステップに近づくための舞台になりますディフェンディングチャンピオンとして、ドイツチームの強さは疑いの余地がありません。強いチームメートのサポートの下で、彼の前身であるクローゼの記録で、ミュラーのブレークスルーを考えるのは愚かではありません。