keyboard_arrow_right
ドイツ代表サッカー選手
#9 ティモ・ヴェルナー, ドイツ代表サッカー選手

#9 ティモ・ヴェルナー

#9ティモ・ヴェルナー#9FW  ドイツ代表

ティモ・ヴェルナー

Timo-werner

生年月日:1996.03.06

身長: 180 cm

体重:75 kg

出身地:シュトゥットガルト(ドイツ)

利き足:右足

グラブ:RBライプツィヒ

[リーグ戦記録]


2013-14 シュトゥットガルト(ドイツ) 30試合・4得点
2014-15 シュトゥットガルト(ドイツ) 32試合・3得点
2015-16 シュトゥットガルト(ドイツ) 33試合・6得点
2016-17 ライプツィヒ(ドイツ) 31試合・21得点
2017-18 ライプツィヒ(ドイツ)

[代表歴]


2012年にはU-17ドイツ代表としてUEFA U-17欧州選手権に出場しました。ドイツ代表としては2017年3月22日に行われたイングランド代表との国際親善試合でデビューし、同年5月にFIFAコンフェデレーションズカップ2017の代表メンバーに選出されました。コンフェデレーションズカップ第3戦のカメルーン戦で代表初得点を含む2ゴールをあげました。 準決勝のメキシコ戦でもゴールを決め、大会通算4試合で3ゴール2アシストの活躍で優勝に貢献した、 大会得点王にあたるゴールデンシューズを受賞しました。ミロスラフ・クローゼの後継者として、W杯王者を最前線から引っ張りました。

「個人成績」

#22マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン, ドイツ代表サッカー選手

#22 マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン

#22テア・シュテーゲン

#22GK  ドイツ代表

マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン

Marc-Andre TER STEGEN

生年月日:1992.04.30

身長: 187 cm

体重:85 kg

出身地:メンヒェングラートバッハ(ドイツ)

利き足:右足

グラブ:FCバルセロナ


「サッカーキングレビュー」
鋭い反応を生かしたシュートストップでシャットアウトの山を築く不動の守護神です。足元の技術が高く、ビルドアップの起点としても機能します。今季はキャリア最高とも呼べるパフォーマンスを披露し、マルカ紙から「グローブをつけたメッシ」と表現されるほど高い評価を受けました。


「世界最高のGKのひとり」
3月、デュッセルドルフのエスプリ・アレナで行われたドイツ代表対スペイン代表の親善試合に、負傷離脱中のマヌエル・ノイアーは参加できないから、マンシャフトのゴールマウスを守るのは、マルク=アンドレ・テア・シュテーゲンです。

試合前にトニ・クロースは、「私はテア・シュテーゲンのことが大好きなんだ。少し気持ち悪いくらいね。マルクは世界最高のゴールキーパーのひとりだよ。そのプレーはほぼ完璧だと思う。彼の一番の武器はミスを犯さないことさ」を称賛していました。

#1マヌエル・ノイアー, ドイツ代表サッカー選手

#1マヌエル・ノイアー

マヌエル・ノイアー

マヌエル・ノイアーはゲルソンカルヒェンで、サッカー選手である兄のマルセルと一緒に成長しました。1991年から2011年にかけて彼はシャルケ04クラブに加入し、2010-11シーズンにはノイアーがUEFAチャンピオンズリーグシーズンの準決勝に進んで、 同時に、彼はまた最終の本シーズンにチームと一緒にドイツカップを獲得しました。現在、ブンデスリーガ・バイエルン・ミュンヘンに所属し、クラブと代表でキャプテンを務めて、ポジションはゴールキーパーです。

#1マヌエル・ノイアー

ノイエーのバイエルン・ミュンヘンに最初の公式試合は、ブンデスリーガ2011-12シーズンの第1戦でした。シーズン中、チームはチャンピオンズリーグ、ブンデスリーガ、ドイツカップで2位を獲得しました。 2組のカップでは、合計3試合がペナルティ・シュートに引き込まれた.2回の勝利はノイアーの救済の恩恵を受け、バイエルンミュンヘンの第1の目標は、チャンピオンズリーグ最終戦のチェルシーに対するPK戦で行われました。ノイアーは、第4回ドイツカップ決勝に参戦する歴史上で初めてのプレーヤーです。 2011年にシャルケ04でドイツカップを獲得した後、バイエルンミュンヘンで2012年以来3年連続でシーズンを終えました。

2014年5月、ノイアーはブラジルワールドカップサッカートーナメントの準備にドイツチームに選ばれました。メインのゴールキーパーとして、ノイアーは最終的な23人の選手になりました。 7試合で4ゴールを失った彼の素晴らしいパフォーマンスは、ワールドカップ史上4番目のタイトルを獲得し、ゴールデングローブ賞(最高のゴールキーパー)を獲得したことにもなり、ゴールキーパーの意義を再定義したものと見なされました。 メディアは、彼がゴールキーパーとディフェンダーをセットした「ガード」であると主張しました。

マヌエル・ノイアー

#5 マッツ・フンメルス, ドイツ代表サッカー選手

#5 マッツ・フンメルス

マッツ・フンメルスは、西ドイツのベルギッシュ・グラートバッハ出身のサッカー選手で、ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンに所属し、ドイツ代表にも選出されています。

#5マッツ・フンメルス

2007年にはU21ヨーロッパユース選手権でチームを獲得し、ファイナルで迎撃任務を果たしました。 2014年にはブラジルワールドカップがメインセンターで2ゴールを寄贈し、優勝して最高のFIFAラインナップに選ばれました。2017年9月に、それは2017年のワールドカップのショートリストに選ばれました。 10月には、それは2017ゴールデングローブの候補者に選ばれました。

2010年のドイツとスウェーデンの親善試合で、南アフリカのワールドカップの後、フンメルスはリーグで優れたパフォーマンスで再びドイツのコーチヨアキム・レーブを獲得し、ドイツチームの主なディフェンダーの主力競技者となりました 。2010年のドイツとスウェーデンの親善試合で、南アフリカのワールドカップの後、フンメルスはリーグで優れたパフォーマンスで再びドイツのコーチヨアキム・レーブを獲得し、ドイツチームの主なディフェンダーの主力 競技者となりました。2017年9月、フンメルは88分にゴールを決め、チェコ共和国との2018年の欧州地域予選7回戦でドイツチームを2-1に導いた、相手を倒しました。

6月17日に2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第1戦でメキシコと対戦し、35分にカウンターからFWイルビング・ロサノにゴールを許すと、最後まで追い付くことができずに敗れました。DFマッツ・フンメルス(バイエルン)が、「ポゼッションを失わず、守備を怠らないようにするなど、僕たちはいくつかのことについて話していた。でも、今日は行動に移すことはできなかった」試合を振り返ったフンメルスは、チームが攻撃的になりすぎていたと、戦術面での不満を示した。

 

 

#17 ジェローム・ボアテング, ドイツ代表サッカー選手

#17 ジェローム・ボアテング

1988年9月3日に西ベルリンで生まれたドイツのサッカー選手ジェローム・ボアテングは、ベルリンのヘルサクラブとハンブルククラブでプレーしました。ヘルタ・ベルリン、ハンブルガーSV、マンチェスター・Cと渡り歩き、2011年からバイエルンでプレーしています。2017-18シーズンは負傷の影響もあり、ブンデスリーガでは全34試合中19試合の出場にとどまり、全公式戦の4割以上の試合を欠場しました。

2015年から16年のシーズンでは、ボアテンは2016年の初めに大腿筋裂傷を経験し、3カ月間は欠席しました。しかし、彼はバイエルンのために32試合を行い、バイエルンがブンデスリーガ、ドイツカップ、ドイツスーパーカップで優勝するのを助けるために3アシストを送りました。2016年、ドイツのフットボール選手の投票結果でボアテングが163回の投票を受け、最終的に選出されました。これはボアテングがこのキャリアでこの名誉を獲得した初めてのことです。 ユルゲン・コールラーがドイツのサッカー選手に選出​​された後、最初のディフェンダーになリました。

2014ブラジルワールドカップでは、ボアテンクがドイツ代表チームと出発し、最終的にドイツチームを支援してワールドカップチャンピオンを獲得しました。2018年6月、ドイツ代表チームは、ワールドカップのためにロシアに行った23人の最終的なリストを発表した、ジェローム・ボアテンが選ばれました。

ボアテングは体が強く、黒人にとって自然な優位性を持ち、中央やバックコートで複数の役を演じることができます。 は身長が高く、強く、人をマーキングするのには良いです。ディフェンダーと同時に、ボアテンのフットワークはきちんとしており、不必要なファウルを起こすことはほとんどありません。

#17 ジェローム・ボアテング

#16 アントニオ・リュディガー, ドイツ代表サッカー選手

#16 アントニオ・リュディガー

1993年3月3日、ドイツのベルリンで生まれたアントニオ・リュディガーは、プロのディフェンダーであり、プレミアリーグのチェルシーフットボールクラブでプレーしています。
アントニオ・リュディガーは2012年にドイツのシュツットガルトでプレーを開始し、2015年にローマ・フットボールクラブに貸与されました。2016年にローマ・フットボールクラブに正式移籍し、2017年7月にイギリスのチェルシーに移籍しました。

2014年、ドイツ代表チームとポーランド代表チームのウォームアップマッチで、ルディジェが試合を開始し、ドイツ代表チームにデビューしました。ドイツ代表は最終的にポーランド代表チームに0-0で引き分けました。2015年、リュディガーはアゼルバイジャンとのグループCドイツ代表チームのワールドカップ予選で1ゴールを決め、ドイツ代表チームの最初の目標となった、 アゼルバイジャン代表チームを5-1で下しました。2016年6月、ルドガーはドイツ代表チームの練習中にトーマス・ミュラーとの衝突により十字靱帯に涙を流し、フランス・ヨーロッパカップ大会を欠場しました。

2017年7月、チリ国代表とのFIFAコンフェデレーションズ・カップ決勝で、ルディジが試合を開始し、最終ドイツ代表はチリ国代表を1-0で下し、優勝しました。リュディガー体力はかなり良い、非常に積極的であるが、時には感情をコントロールする必要があります。彼は非常に良い空気優位性を持っています。これは、高輝度競技で非常に便利です。

#16 アントニオ・リュディガー

#10メスト・エジル, ドイツ代表サッカー選手

#10メスト・エジル

メスト・エジルは1988年10月15日、ドイツのゲルゼンキルヒェンで生まれた、ドイツ代表のMF選手です。元フィールドマネージャーは現在、プレミアリーグのアーセナルフットボールクラブでプレーしています。

2005年、オジルはシャルケ04サッカークラブによって監視され、シャルケ04青年チームに署名されました。2010年、エジルはリーガ・エスパニョーラのレアルマドリードに3年间、レアルマドリードでプレーし、2010年から11年のシーズン、スペインのキングスカップ、リーガ・エスパニョーラで勝利しました。2013年9月3日に、エジルはアーセナルの新たな歴史的ランドマークになるために、5000万ユーロの振込手数料でアーセナルに加わりました。 2014年、オジルはアーセナルがイングランドFAカップとコミュニティシールドカップを獲得するのを助けました。

ドイツ代表として、オジルはノルウェーとの2009年ドイツチームでの初の代表チーム出場を達成した。南アフリカの2010年ワールドカップでは、オジルの優れたパフォーマンスがゴールデングローブのノミネートを獲得しました。さらに、オジルはまた、2012年ウクライナウクライナウクライナの最高チームの一員でもあり、2014年のワールドカップブラジルチャンピオンを獲得した。2017年9月20日に、それは2018年ワールドチームのショートリストに選ばれました。

オジルは正確な合格によって補完された明確なアイデアに頼っていました。ドイツの伝統的なプレイヤーとは違って、足の技能は良好で、脅威を乗り越えるのにも優れています。フロントコートの創造性は、ドイツチームの攻撃の主な原因です。スピードは速く、全体的な状況は優れており、ロングショットがあります。しかし、オジルの弱点は、体はまだ少し薄いです、そして、対立は安価に補うものではありません。

#10 メスト・エジル

 

#13トーマス・ミュラー, ドイツ代表サッカー選手

#13トーマス・ミュラー

トーマス・ミュラーは1989年9月13日、ヴァイルハイム身のプロサッカー選手です。ドイツ代表選手としていつも活躍しています。優れたスピード、テクニック、落ち着き、安定した得点率、スコアリングの機会を創造する能力で広く評価されました。

TSVペールでプレーしていたが、10歳の2000年にバイエルン・ミュンヘンの下部組織に移りました。バイエルンのユーストレーニングシステムでは、ミュラーは急速に進歩し、2007年には19歳未満のブンデスリーガで2位を獲得したチームの一員になりました。

2010年南アフリカ大会は、ミューラーがワールドカップに参加したのは初めてで、ゴールデンブーツを獲得するために5ゴールと3アシストを送リました。 2014年のワールドカップでは、ミュラーはワールドカップ優勝に重要な役割を果たし、2回目のストライカーのシルバーブーツ賞を獲得するために5ゴールを決め、ワールドカップオールスターチームに選出されました。ロシアの2018ワールドカップは、彼が記録的なステップに近づくための舞台になりますディフェンディングチャンピオンとして、ドイツチームの強さは疑いの余地がありません。強いチームメートのサポートの下で、彼の前身であるクローゼの記録で、ミュラーのブレークスルーを考えるのは愚かではありません。

#13トーマス・ミュラー ユニフォーム