keyboard_arrow_right
ドイツ代表のFIFA歴史
2014ブラジルワールドカップのドイツ代表, ドイツ代表のFIFA歴史

2014 ブラジルワールドカップのドイツ代表

2014ブラジルワールドカップ決勝が7月13日に行われ、ドイツ代表とアルゼンチン代表が対戦し、延長戦の末、マリオ・ゲッツェが決勝点を挙げたドイツが1-0で勝利を収めました。ドイツの優勝は、西ドイツ時代の1990年イタリア大会以来24年ぶり4回目となリました。

ドイツが大会制覇を果たした結果、「アメリカ大陸開催のワールドカップでは、南米のチームが優勝する」というジンクスが破られました。今大会のドイツがヨーロッパのチームとして初めて、アメリカ大陸での大会で優勝を果たした。決勝に駒を進めたのはドイツとアルゼンチンの2チームがドイツは2002年日韓大会以来3大会ぶり8度目の決勝進出で、通算4度目、東西統一後としては初となる優勝を目指し、アルゼンチンは1990年イタリア大会以来6大会ぶり5度目の決勝進出で、3度目の優勝を狙いました。

以下のように、ドイツ代表の優勝は、決して偶然ではなく、必然的なものだったと言えましょう。ここでは、ドイツの優勝が「必然」だった理由として、6つの理由を挙げておきたいです。

2014ドイツ代表

<1>ドイツ代表史上最高の中盤のタレントたち

ドイツ代表史上最高のタレントが揃った中盤は、最大のストロングポイントです。前線の選手も含めて、流動的に動くことで相手の守備を混乱に陥れる攻撃スタイルも、これだけのタレントを抱えています。

<2>他の強豪国を寄せつけないチームの成熟度

自国開催の2006年ドイツ大会ではアシスタントコーチとして分析を担当し、2006年7月からドイツ代表を率いているヨアヒム・レーヴ監督で、実に8年間に渡り同じ監督が率いている点は、他の強豪国にはない大きなストロングポイントです。主軸メンバーも、ほとんどが30試合以上の代表キャップがあります。

<3>チームに守備意識を徹底させたレーヴ監督の手腕

準決勝以降はラームを右サイドバックに起用したものの、バイエルンでのラームとは違い、かなり守備に重きを置きました。短期決戦の場合、試合によってはどうしても気が抜けてしまいがちなところを、しっかりとした守備意識で乗りきったことは大きく評価できます。

<4>マヌエル・ノイアーという次世代GKの存在

「ゴールデングローブ」に輝くまでもなく、今大会のGKでベストのパフォーマンスを見せていたのがノイアーであることに異論のある人はいないだろう。ノイアーの特殊能力としては、セービングだけではなく、パントキックの精度も見逃せない。優れたセービングだけでなく、攻撃の起点となるキックもノイアーの大きな武器の一つでである。

2010南アフリカワールドカップのドイツ代表, ドイツ代表のFIFA歴史

2010南アフリカワールドカップのドイツ代表

ドイツ代表は、ワールドカップでブラジルチームに次ぐランクされ、これは、ブラジルよりも2試合への参加が少なくても達成されます。歴史の中で、16回ワールドカップに参加し、そのうち11回は準決勝に進みました。準決勝の3回で、優勝の4回、3位の3回、4位の1回を獲得しました。2006年にドイツ代表はワールドカップに再び参戦しましたが、イタリア代表は決勝をブロックしたが、3位で満足しました。

2010 ドイツ代表

南アフリカの2010年ワールドカップでは、ドイツ代表はグループから2勝1敗となり、英国戦争の1/8決勝で対戦相手4対1を破り、トップ8に進みました。1/8決勝で、4対0でアルゼンチンを席巻したが、そのうち伝説のフォワード・クローゼスは2試合で3得点を挙げ、ワールドカップの目標数は14に達しました。準決勝では、ドイツは再びスペインに0:1失われた、決勝からブロックされた、 その後、ウルグアイを3対2で下し、ワールドカップ史上3位で初のチームとなリました。トーマスミュラーは、ゴールデンブートアワードと最優秀新人アワードを受賞しました。

SCHEDULE
日時 対戦相手 勝敗 スコア
6月13日 オーストラリア 4-0
6月18日 セルビア × 0-1
6月23日 ガーナ 1-0
6月27日 イングランド 4-1
7月3日 アルゼンチン 4-0
7月7日 スペイン × 0-1
7月10日 ウルグアイ 3-2
 GK
1 マヌエル・ノイアー
(Manuel Neuer)
シャルケ04 1986.3.27
12 ティム・ヴィーゼ
(Tim Wiese)
ブレーメン 1981.12.17
22 ハンス・イェルク・ブット
(Hans-Joerg Butt)
バイエルン・ミュンヘン 1974.5.28
 DF
4 デニス・アオゴ
(Dennis Aogo)
ハンブルガーSV 1987.1.14
20 ジェローム・ボアテング
(Jerome Boateng)
ハンブルガーSV 1988.9.3
5 ゼルダー・タスチ
(Serdar Tasci)
シュツットガルト 1987.4.24
3 アルネ・フリードリッヒ
(Arne Friedrich)
ヘルタ・ベルリン 1979.5.29
14 ホルガー・バトシュトゥバー
(Holger Badstuber)
バイエルン・ミュンヘン 1989.3.13
16 フィリップ・ラーム
(Philipp Lahm)
バイエルン・ミュンヘン 1983.11.11
17 ペア・メルテザッカー
(Per Mertesacker)
ブレーメン 1984.9.29
 MF
18 トニ・クロース
(Toni Kroos)
レヴァークーゼン 1990.1.4
2 マルセル・ヤンセン
(Marcell Jansen)
ハンブルガーSV 1985.11.4
15 ピオトル・トロコウスキー
(Piotr Trochowski)
ハンブルガーSV 1984.3.22
6 サミ・ケディラ
(Sami Khedira)
シュツットガルト 1987.4.4
8 メスト・エジル
(Mesut Oezil)
ブレーメン 1988.10.15
21 マルコ・マリン
(Marko Marin)
ブレーメン 1989.3.13
13 トーマス・ミュラー
(Thomas Muller)
バイエルン・ミュンヘン 1989.9.13
7 バスティアン・シュバインシュタイガー
(Bastian Schweinsteiger)
バイエルン・ミュンヘン 1984.8.1
 FW
11 ミロスラフ・クローゼ
(Miroslav Klose)
バイエルン・ミュンヘン 1978.6.9
23 マリオ・ゴメス
(Mario Gomez)
バイエルン・ミュンヘン 1985.7.10
10 ルーカス・ポドルスキー
(Lukas Podolski)
ケルン 1985.6.4
9 シュテファン・キースリング
(Stefan Kiessling)
レヴァークーゼン 1984.1.25
19 カカウ
(Cacau)
シュツットガルト 1981.3.27