keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
2018ドイツ代表アウェイユニフォーム
2018ドイツ代表アウェイユニフォーム, 2018ドイツ代表ユニフォーム

2018ドイツ代表 アウェイユニフォーム

ドイツ代表のオフィシャルサプライヤーであるアディダスは2018FIFAワールドカップ・ロシアに臨むドイツ代表のアウェイユニフォームを発表しました。今日は、彼らのアウェイユニフォームのデザイン詳細、発売情報などを簡単に紹介したいです。

2018ドイツ代表 アウェイユニフォーム

新しいドイツ2018ワールドカップホームシャツは白で、ユニークなグレーのグラフィックパターンがあり、象徴的な1990年のユニフォームからインスピレーションを得ています。ドイツの2018ワールドカップアウェーキットはグリーンになります。ドイツは3月23日にスペインとの親善試合で新しいキットをデビューする予定です。

2018年ワールドカップのドイツアウェイキットは、「EQTグリーン」のレトロ注入型の外観を導入している。この動きで、アディダスは最も簡単に認識できるドイツのジャージーカラーをもたらします。これは確かに伝統主義者を喜ばせるものです。伝統の色基調を継承されていて、襟元から袖口まではメーカーの3本ラインも残されている。首周りはモダンなVネックを採用していますが、白いリブでつけている。Vネック部分には、ドイツサッカー連盟を表現した「緑」カラーを配置しています。目に引くのは、ユニフォームのボディが連続する緑とホワイトの段階的に濃淡があるの菱形が交差する柄でしょう。ブランドの他の2018キットに沿って、1980年代後半から1990年代初めにかけてのグラフィックパターンは、アウェイユニフォームの正面と袖をカバーしています。現在のマンチェスター・ユナイテッドで使用されているものと少し似ています。

白いアディダスとフェデレーションのロゴの形は、アウェイユニフォームの外観を完成させました。もちろん、ショルダーにも典型的な3つのストライプがホワイトにあります。ホワイト・ショートとグリーン・ソックスは、ドイツの2018ワールドカップアウェキットを完成させます。