keyboard_arrow_right
2018ドイツ代表ユニフォーム
2018ドイツ代表 トレーニングウェア Tシャツ, 2018ドイツ代表ユニフォーム

2018ドイツ代表トーレニングウェア Tシャツ

ドイツの試合前の2018ドイツ代表トーレニングウェア Tシャツのために、アディダスはパラリーと協力してオーシャンを開発し、脅威をスレッドに変えるデザインを作成しました。 このジャージーの糸は、海洋に達する前に海岸から回収されたプラスチックで紡いだものです。 触っても柔らかく、レイヤードルックと少し長めにカットされています。 大胆なグラフィックは、ゲームが始まる前にウォームアップしてチームを目立たせます。 海洋に良いこのジャージーは、海洋のためにパリーと共同で作られた糸で作られています。 ヤーンの中には、リサイクルされた廃棄物で作られ、ビーチや沿岸地域のコミュニティから奪われて海に達するパラリーオーシャンプラスチックがあります。 チームの詳細織ったドイツの紋章は胸に誇らしげに座っています。

特徴:

  • サプライヤーは「アディダス」。
  • このTシャツの糸は、海洋に達する前に海岸から回収されたプラスチックで紡いだもの。
  • 大胆なグラフィックは、ゲームが始まる前にウォームアップしてチームを目立たせる。
  • ヤーンの中には、リサイクルされた廃棄物で作られる。
  • チームの詳細織りアルゼンチンの紋章は胸に誇らしげに座っている。
  • climalite®テクノロジーは、体から汗や熱を放出する。
  • 昇華したファブリックデザイン

    2018 ドイツ代表 トーレニングウェア Tシャツ

2018ドイツ代表キッズユニフォーム, 2018ドイツ代表ユニフォーム

2018ドイツ代表 キッズユニフォーム

アディダスが未来のスターたちに捧げる、2018ドイツ代表のキッズユニフォームが発表しました。代表選手が着用するウエアのデザインをそのままサイズダウン、ドイツカラーである黒と白をフィーチャーしています。ドイツ人選手が世界選手権に勝つためにアルゼンチンを打ったとき、彼らは制服を着用し、後者は1990年の英雄と同じ伝説的地位を得ました。

衣類内をドライに保つClimaliteを採用し、キッズたちが快適にプレイできるようにサポートします。アディダスは、環境への影響を最小限に抑えたプロダクションを推進して、環境に優しいリサイクルポリエステルを採用します。吸湿発散性のクライマック技術を搭載した軽量の素材は、次の試合で最も頑張ったように、新鮮に保ち、ベストを見守ります。ブラックのショートパンツを2018ドイツ代表のキッズユニフォームを完成されます。

特徴:

  • Climaliteは汗をかいてあらゆる状態でキッズを守る。
  • チッピングディテール付きのクルーネック
  •  サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカユニフォームの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用。
  • 後ろの襟の下の熱伝達「Die Mannschaft」。
  • 新ユニフォームは優勝した1990年W杯モデルに触発されたデザインで、当時は国旗カラーで描かれていた胸のストライプに2018年モデルではブラックとグレーを使用する。
  •  3つの縞の肩; 胸のスポーツアディダスバッジ。
  • レプリカフィットはファンのために作られ、肩と体の中を動く余裕を与える。
  • メーカーロゴは刺繍して、エンブレムは織りワッペン縫い付け。
  • ポリエステル100%。
  • 商品の色:ホワイト/ブラック2018 ドイツ代表 サッカーユニフォーム キッズ
2018ドイツ代表ゴールキーパーユニフォーム, 2018ドイツ代表ユニフォーム

2018ドイツ代表 ゴールキーパーユニフォーム

ドイツとアディダスは2018年のホームゴールキーパーユニフォームを発表しました。ドイツチームのトップ選手は、王者と海軍に戻り、チャンピオンズのバッジを前方に出し、中心に置いました。歴史を通して、ドイツの成功は堅実なバックライン上に構築されています。 現在のドイツ代表チームのゴールキーパーが着ているユニフォームの後ろにスタイルが施されました。このユニフォームは、汗を吸うファブリックと動きを助けるためのガセット付きの袖を備えています。青を基調とした鍵盤ボーダーのような柄のユニフォームです。背中にチームのグラフィックと織りの国のバッジを持っています。

特徴:

  • Climaliteは汗をかいてあらゆる状態であなたを守る。
  • Vネック; バックネックテープ; 腕と肩に脇の下のリフトパターンと伸縮性のあるファブリックは、動きの自由を完全に許す。
  • 動きの容易さのためのガセットラグランスリーブ; モイスチャーウィッキンググラフィックフロントパネル。
  • 胸に織り込まれたドイツとワールドチャンピオンの紋章の紋章。「Die Mannschaft」熱は後ろの襟の下に伝達された。
  • 袖の3つのストライプ; 胸のスポーツアディダスバッジ。
  • レギュラーフィットは身体の方が広く、ストレートシルエット。
  • 100%リサイクルポリエステルインターロック。
  • 商品の色:トレースロイヤル/サブブルー/ホワイト

2018ドイツ代表ゴールキーパーレプリカユニフォーム

2018ドイツ代表アウェイユニフォーム, 2018ドイツ代表ユニフォーム

2018ドイツ代表 アウェイユニフォーム

ドイツ代表のオフィシャルサプライヤーであるアディダスは2018FIFAワールドカップ・ロシアに臨むドイツ代表のアウェイユニフォームを発表しました。今日は、彼らのアウェイユニフォームのデザイン詳細、発売情報などを簡単に紹介したいです。

2018ドイツ代表 アウェイユニフォーム

新しいドイツ2018ワールドカップホームシャツは白で、ユニークなグレーのグラフィックパターンがあり、象徴的な1990年のユニフォームからインスピレーションを得ています。ドイツの2018ワールドカップアウェーキットはグリーンになります。ドイツは3月23日にスペインとの親善試合で新しいキットをデビューする予定です。

2018年ワールドカップのドイツアウェイキットは、「EQTグリーン」のレトロ注入型の外観を導入している。この動きで、アディダスは最も簡単に認識できるドイツのジャージーカラーをもたらします。これは確かに伝統主義者を喜ばせるものです。伝統の色基調を継承されていて、襟元から袖口まではメーカーの3本ラインも残されている。首周りはモダンなVネックを採用していますが、白いリブでつけている。Vネック部分には、ドイツサッカー連盟を表現した「緑」カラーを配置しています。目に引くのは、ユニフォームのボディが連続する緑とホワイトの段階的に濃淡があるの菱形が交差する柄でしょう。ブランドの他の2018キットに沿って、1980年代後半から1990年代初めにかけてのグラフィックパターンは、アウェイユニフォームの正面と袖をカバーしています。現在のマンチェスター・ユナイテッドで使用されているものと少し似ています。

白いアディダスとフェデレーションのロゴの形は、アウェイユニフォームの外観を完成させました。もちろん、ショルダーにも典型的な3つのストライプがホワイトにあります。ホワイト・ショートとグリーン・ソックスは、ドイツの2018ワールドカップアウェキットを完成させます。

2018ドイツ代表ホームユニフォーム, 2018ドイツ代表ユニフォーム

2018ドイツ代表 ホームユニフォーム

2018ドイツ代表ユニフォームホーム

今年最後の代表戦となる、注目のイングランド代表、そしてフランス代表とのテストマッチを目前に控え、ドイツサッカー連盟は2018年ロシアW杯に向けた新ユニフォームを発表しました。チームの最も象徴的なユニフォームデザインから常にインスピレーションを得ています。長期ジャージサプライヤー、アディダスによって製造されたドイツの2018ワールドカップホームユニフォームが、2017年11月6日に正式に発売され、近々のフレンドリーゲームに登場する予定です。今回ユニフォームは、27年前にイタリアでドイツ代表が優勝したユニフォームを思い起こさせるデザインとなっています。

2018ドイツ代表ユニフォームホーム 2018ドイツ代表ユニフォームホーム

ドイツの2018ワールドカップ新しいユニフォームはドイツの旗の色彩を表現する代わりに、上部前面のグラフィックデザインは、メキシコのトーナメントキットに似た、さまざまなサイズのブラックラインを使用して作成されたグレーとブラックの色合いを備えています。マッツ・フメルスは「もちろん1990年の代表のユニフォームのことは良く知っているし、あのときのことを連想するよね。ワールドカップにむけてワクワクするよ」とコメントしました。

アディダス象徴としているの「三本線」が両肩に配置して、長さも微妙だと思われます。胸の中央には、前回大会王者の証となるチャンピオン・エンブレムを刻みます。胸のバンドも元に戻って、1990年のトップと比較してシャツの上に上がっていきます。オーバーラップカラーは、元のシャツに使用されていたものを直接コピーしたものです。背面の首元には「チーム」を意味する代表チームの愛称「Die Mannschaft」を刻まれています。今回のユニフォームの初披露目は、ウェインブレイにて行われたイングランド代表戦で、ドイツ国内ではその後にケルンで行われたフランス代表戦で着用されました。ドイツ2018ホームキットのショーツはそれぞれ白黒です。後者は、正面のトーナメントのためのユニークなアディダスフォントでの微妙な「DFB」のライティングを特徴としています。