keyboard_arrow_right
2018ロシアワールドカップに着用するドイツ代表ユニフォーム
2018ドイツ代表の注目ニュース, ドイツ、韓国に敗れFグループ最下位でW杯終了!

ドイツ、韓国に敗れFグループ最下位でW杯終了!

2018 ワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦が27日に行われ、韓国代表とドイツ代表が対戦しました。「哀れな」と試合後、ドイツ代表のゴールキーパーのノイアーを説明し、「私たちはドイツのスタイルを追い出さなかった、3つのゲームは、私たちは本当に資格には十分ではない」。ワールドカップのスクリプトの誰も事前に書くことはできなくて、それを体験することしかできません。しかし、ディフェンディングチャンピオンの「呪い」が実際にドイツ代表で達成されるとは誰も予測できません。

ロシアワールドカップの前に、過去4回のワールドカップのうち3回では、ディフェンディングチャンピオンはグループステージシーンの外に出現--- 2002年にフランス、2010年にイタリア、2014年にスペイン、今回は、ドイツ代表は「呪い」から脱出しません。

27日に行われた第3戦、韓国代表とドイツ代表

ディフェンディングチャンピオンのグループFは最も複雑なグループと言えます。最終戦では、ドイツが韓国を破り、スウェーデンがメキシコを失敗、メキシコ、スウェーデン、ドイツが同じスコアの6ポイントを獲得します。スウェーデンがメキシコに3-0で勝利した場合、ドイツは1ゴールで韓国チームに勝つことができれば、メキシコに割当てを出させるだけで十分です。しかし、前2回のワールドカップで敗れた相手の側では、ドイツは狂って攻撃されたが、目標を達成できません。試合が補充されるまで、ドイツはパニックに陥り始めた、コーナーキックの後のペナルティゾーンの混乱は、キム・ヨングクが成功することを許しました。最後に、ドイツのゴールキーパー・ノイアーもフロントコートの攻撃に駆けつけた、その結果、ポータルがオープンし、サン・シンイのゴールを決めました。実際、70%以上の所持率で、30フィート近くを撃ったが、0-2の敗北を飲み込みました。マッチ全体のショット数が対戦相手の2倍を超える場合、ドイツのショットは対戦相手に比べて1回だけ多いです。ほとんどの場合、遅いパスで、足を落ちて、相手の危険な領域の周りに、しかし致命的な打撃がありません。

さて、このチームはカエルの鉢のようなもので、現実に抵抗することはできません。おそらく、これはヨアヒム・レーヴの「フットボールの輸送」コンセプトの敗北と言えますが、チームの敗北は間違いなく技術的および戦術的な面だけではありません。現在のドイツにとって最も恐ろしいことは、彼らが自慢している鉄の精神を失うことです。

「エジルだけでなく、他のいくつかの選手たちは、彼らにふさわしいレベルを示さなかった」これは試合後にレーヴの評価でした。「チームは目標を獲得するような種類の原動力を生み出す柔軟性に欠けているので、失うはずだ」と声明を破った、このゲームは、未来もドイツのサッカーの歴史の中で、恥のページになります。「我々は、大きな可能性を持っている、才能ある若い選手がいる」「ドイツのサッカーの敗北は「暗黒時代」の到来を意味しない」と述べました。しかし、彼らはいつ桁を喚起し、本当にドイツのサッカーのスタイルを継承することができますか? 誰も答えを与えることはできません。

2018ドイツ代表の注目ニュース, ドイツがクロースの劇的FK弾で逆転、敗退危機を消す

ドイツがクロースの劇的FK弾で逆転、敗退危機を消す

2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第2戦が23日に行われ、ドイツ代表とスウェーデン代表が対戦しました。 前半のドイツ代表は、後半開始時の最後の瞬間までに試合を決め、トニ・クロースがエリア左脇のFKで鮮やかなシュートをゴール右隅に突き刺し、土壇場で逆転、最初に勝利ました。

第2戦のドイツ代表

第1戦でメキシコは0対1で勝利し、ディフェンディングチャンピオンのドイツ代表は大きなプレッシャーを受けていました。ミュラーは、試合前に、ドイツ代表のノックアウト戦が早くから始まり、チームはワールドカップ選手権に出場すると語りました。これはドイツ代表の予選に関する重要な戦いで、多くのファンに影響を与えます。 ドイツ代表の強さは間違いなくスウェーデンを上回って、しかし、競争の結果は決してサッカー界の強さによって決まりません

試合開始後、ドイツ代表は、神様が自分の側に立っていないことも発見しました。 ルディの偶然の負傷し、ボーデェンはファウルで2本の黄色と1本の赤色を出し、最終的にドイツ人チームが10名の選手としか対戦できません。オラ・トイヴォネンはノイエーの頭の上をロブで横切った、スウェーデン代表が素早く逆襲をする機会を得た、ボールを進めていました。 ロイスは後半戦で得点を決めていた、2試合の失速を前倒しで避けたが、1-1のスコアが試合の最後にまで、2試合の得点は1ポイントに過ぎなく、 彼らは出口の端に行くことができます。

このワールドカップのグループステージが崩壊すれば、最後のワールドカップチャンピオンシップのドイツ代表優勝者として、人々は幸運を嘆くことができるのではないかと恐れています。 しかし、ドイツ代表は固い打撃を受け、90分で大きな挫折を喫したが、まだ勇敢です。95分、ドイツ代表がフロントコートでフリーキックを獲得したクロスが、この機会を利用して、ゴールを破り、ドイツ代表がこの生死の戦いに勝利するのを助けました。 試合終了時、ドイツはスウェーデンで2-1で勝利しました。

Fグループのメキシコ代表は6ポイントで第1位、ドイツ代表は3ポイントを獲得し、この勝利により1勝1敗0ゴール差で結ばれ、スウェーデン代表と共に第2位、自分の運命を再編成しました。スケジュールによると、ドイツ代表は、現地時間の27日に韓国チームの最下位チームと対戦します。

【スコア】
ドイツ代表 2-1 スウェーデン代表

【得点者】
0-1 32分 オラ・トイヴォネン(スウェーデン)
1-1 48分 マルコ・ロイス(ドイツ)
2-1 90+5分 トニ・クロース(ドイツ)

2018ドイツ代表の注目ニュース, 2018年ワールドカップ選手権---ドイツ代表分析

2018年ワールドカップ選手権—ドイツ代表分析

2014ワールドカップチャンピオンとしてのドイツ全体の強さは間違いなくトップの1つであり、勝つために人気のチームの1つであることは間違いありません。最新のFIFAランキングでは、ドイツは世界で1631点で1位にランクされました。

2018-ドイツ代表

ドイツチームは18回ワールドカップに参加し、13回ファイナルフォー昇進、8回ワールドカップ決勝、4回優勝、4回準優勝者と4回第3位を獲得し、これはワールドカップの伝統的な英雄的強みです。2014年のワールドカップでは、ドイツは5勝1敗の無敗記録を樹立し、アルゼンチンのメッシとワールドカップで戦った、両チームは通常の時間で0-0のレベルに達し、アルゼンチンではオーバータイムで勝利を収め、4度目のワールドカップで優勝しました

スター選手のドイツ代表では、トーマス・ミュラーはコースで最も注目された選手が、ドアの前で鋭い匂い、幽霊のようなランニングポジション、非常に優れたフィニッシング能力を持つドイツで最も脅威的な攻撃になっています。前回のワールドカップでは、ミュラーは7試合で5ゴールと3アシストを獲得し、ワールドカップシルバーボールとブーツを獲得しました。ドイツ選手権では重要な選手であり、彼はまたワールドカップで2度連続して少なくとも5得点を挙げた世界で3番目の選手となりました。自国開催の2006年ドイツ大会ではアシスタントコーチとして分析を担当し、2006年7月からドイツ代表を率いているヨアヒム・レーヴ監督が実に8年間に渡り同じ監督が率いている点は、他の強豪国にはない大きなストロングポイントです。

他のチームと比較して、ドイツチームの優位性はその経験です。バイエルンクラブを核とする代表チームは、人員の移動を維持しながら代表チームの更新を確実にします。 同時に、それはまたプレーヤー間の理解を保証し、 間違いの発生を最小限に抑えます。しかし、ドイツチームの最大の弱点は依然として中心的な位置です。 ドイツの代表チームは常に正面からのフォーメーションを採用していますが、試合の中心を争い、ピボットの役割を果たすことでチャンピオンシップを獲得するチャンスはまだあります。

2014ブラジルワールドカップのドイツ代表, ドイツ代表のFIFA歴史

2014 ブラジルワールドカップのドイツ代表

2014ブラジルワールドカップ決勝が7月13日に行われ、ドイツ代表とアルゼンチン代表が対戦し、延長戦の末、マリオ・ゲッツェが決勝点を挙げたドイツが1-0で勝利を収めました。ドイツの優勝は、西ドイツ時代の1990年イタリア大会以来24年ぶり4回目となリました。

ドイツが大会制覇を果たした結果、「アメリカ大陸開催のワールドカップでは、南米のチームが優勝する」というジンクスが破られました。今大会のドイツがヨーロッパのチームとして初めて、アメリカ大陸での大会で優勝を果たした。決勝に駒を進めたのはドイツとアルゼンチンの2チームがドイツは2002年日韓大会以来3大会ぶり8度目の決勝進出で、通算4度目、東西統一後としては初となる優勝を目指し、アルゼンチンは1990年イタリア大会以来6大会ぶり5度目の決勝進出で、3度目の優勝を狙いました。

以下のように、ドイツ代表の優勝は、決して偶然ではなく、必然的なものだったと言えましょう。ここでは、ドイツの優勝が「必然」だった理由として、6つの理由を挙げておきたいです。

2014ドイツ代表

<1>ドイツ代表史上最高の中盤のタレントたち

ドイツ代表史上最高のタレントが揃った中盤は、最大のストロングポイントです。前線の選手も含めて、流動的に動くことで相手の守備を混乱に陥れる攻撃スタイルも、これだけのタレントを抱えています。

<2>他の強豪国を寄せつけないチームの成熟度

自国開催の2006年ドイツ大会ではアシスタントコーチとして分析を担当し、2006年7月からドイツ代表を率いているヨアヒム・レーヴ監督で、実に8年間に渡り同じ監督が率いている点は、他の強豪国にはない大きなストロングポイントです。主軸メンバーも、ほとんどが30試合以上の代表キャップがあります。

<3>チームに守備意識を徹底させたレーヴ監督の手腕

準決勝以降はラームを右サイドバックに起用したものの、バイエルンでのラームとは違い、かなり守備に重きを置きました。短期決戦の場合、試合によってはどうしても気が抜けてしまいがちなところを、しっかりとした守備意識で乗りきったことは大きく評価できます。

<4>マヌエル・ノイアーという次世代GKの存在

「ゴールデングローブ」に輝くまでもなく、今大会のGKでベストのパフォーマンスを見せていたのがノイアーであることに異論のある人はいないだろう。ノイアーの特殊能力としては、セービングだけではなく、パントキックの精度も見逃せない。優れたセービングだけでなく、攻撃の起点となるキックもノイアーの大きな武器の一つでである。

2010南アフリカワールドカップのドイツ代表, ドイツ代表のFIFA歴史

2010南アフリカワールドカップのドイツ代表

ドイツ代表は、ワールドカップでブラジルチームに次ぐランクされ、これは、ブラジルよりも2試合への参加が少なくても達成されます。歴史の中で、16回ワールドカップに参加し、そのうち11回は準決勝に進みました。準決勝の3回で、優勝の4回、3位の3回、4位の1回を獲得しました。2006年にドイツ代表はワールドカップに再び参戦しましたが、イタリア代表は決勝をブロックしたが、3位で満足しました。

2010 ドイツ代表

南アフリカの2010年ワールドカップでは、ドイツ代表はグループから2勝1敗となり、英国戦争の1/8決勝で対戦相手4対1を破り、トップ8に進みました。1/8決勝で、4対0でアルゼンチンを席巻したが、そのうち伝説のフォワード・クローゼスは2試合で3得点を挙げ、ワールドカップの目標数は14に達しました。準決勝では、ドイツは再びスペインに0:1失われた、決勝からブロックされた、 その後、ウルグアイを3対2で下し、ワールドカップ史上3位で初のチームとなリました。トーマスミュラーは、ゴールデンブートアワードと最優秀新人アワードを受賞しました。

SCHEDULE
日時 対戦相手 勝敗 スコア
6月13日 オーストラリア 4-0
6月18日 セルビア × 0-1
6月23日 ガーナ 1-0
6月27日 イングランド 4-1
7月3日 アルゼンチン 4-0
7月7日 スペイン × 0-1
7月10日 ウルグアイ 3-2
 GK
1 マヌエル・ノイアー
(Manuel Neuer)
シャルケ04 1986.3.27
12 ティム・ヴィーゼ
(Tim Wiese)
ブレーメン 1981.12.17
22 ハンス・イェルク・ブット
(Hans-Joerg Butt)
バイエルン・ミュンヘン 1974.5.28
 DF
4 デニス・アオゴ
(Dennis Aogo)
ハンブルガーSV 1987.1.14
20 ジェローム・ボアテング
(Jerome Boateng)
ハンブルガーSV 1988.9.3
5 ゼルダー・タスチ
(Serdar Tasci)
シュツットガルト 1987.4.24
3 アルネ・フリードリッヒ
(Arne Friedrich)
ヘルタ・ベルリン 1979.5.29
14 ホルガー・バトシュトゥバー
(Holger Badstuber)
バイエルン・ミュンヘン 1989.3.13
16 フィリップ・ラーム
(Philipp Lahm)
バイエルン・ミュンヘン 1983.11.11
17 ペア・メルテザッカー
(Per Mertesacker)
ブレーメン 1984.9.29
 MF
18 トニ・クロース
(Toni Kroos)
レヴァークーゼン 1990.1.4
2 マルセル・ヤンセン
(Marcell Jansen)
ハンブルガーSV 1985.11.4
15 ピオトル・トロコウスキー
(Piotr Trochowski)
ハンブルガーSV 1984.3.22
6 サミ・ケディラ
(Sami Khedira)
シュツットガルト 1987.4.4
8 メスト・エジル
(Mesut Oezil)
ブレーメン 1988.10.15
21 マルコ・マリン
(Marko Marin)
ブレーメン 1989.3.13
13 トーマス・ミュラー
(Thomas Muller)
バイエルン・ミュンヘン 1989.9.13
7 バスティアン・シュバインシュタイガー
(Bastian Schweinsteiger)
バイエルン・ミュンヘン 1984.8.1
 FW
11 ミロスラフ・クローゼ
(Miroslav Klose)
バイエルン・ミュンヘン 1978.6.9
23 マリオ・ゴメス
(Mario Gomez)
バイエルン・ミュンヘン 1985.7.10
10 ルーカス・ポドルスキー
(Lukas Podolski)
ケルン 1985.6.4
9 シュテファン・キースリング
(Stefan Kiessling)
レヴァークーゼン 1984.1.25
19 カカウ
(Cacau)
シュツットガルト 1981.3.27

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#9 ティモ・ヴェルナー, ドイツ代表サッカー選手

#9 ティモ・ヴェルナー

#9ティモ・ヴェルナー#9FW  ドイツ代表

ティモ・ヴェルナー

Timo-werner

生年月日:1996.03.06

身長: 180 cm

体重:75 kg

出身地:シュトゥットガルト(ドイツ)

利き足:右足

グラブ:RBライプツィヒ

[リーグ戦記録]


2013-14 シュトゥットガルト(ドイツ) 30試合・4得点
2014-15 シュトゥットガルト(ドイツ) 32試合・3得点
2015-16 シュトゥットガルト(ドイツ) 33試合・6得点
2016-17 ライプツィヒ(ドイツ) 31試合・21得点
2017-18 ライプツィヒ(ドイツ)

[代表歴]


2012年にはU-17ドイツ代表としてUEFA U-17欧州選手権に出場しました。ドイツ代表としては2017年3月22日に行われたイングランド代表との国際親善試合でデビューし、同年5月にFIFAコンフェデレーションズカップ2017の代表メンバーに選出されました。コンフェデレーションズカップ第3戦のカメルーン戦で代表初得点を含む2ゴールをあげました。 準決勝のメキシコ戦でもゴールを決め、大会通算4試合で3ゴール2アシストの活躍で優勝に貢献した、 大会得点王にあたるゴールデンシューズを受賞しました。ミロスラフ・クローゼの後継者として、W杯王者を最前線から引っ張りました。

「個人成績」

#22マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン, ドイツ代表サッカー選手

#22 マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン

#22テア・シュテーゲン

#22GK  ドイツ代表

マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン

Marc-Andre TER STEGEN

生年月日:1992.04.30

身長: 187 cm

体重:85 kg

出身地:メンヒェングラートバッハ(ドイツ)

利き足:右足

グラブ:FCバルセロナ


「サッカーキングレビュー」
鋭い反応を生かしたシュートストップでシャットアウトの山を築く不動の守護神です。足元の技術が高く、ビルドアップの起点としても機能します。今季はキャリア最高とも呼べるパフォーマンスを披露し、マルカ紙から「グローブをつけたメッシ」と表現されるほど高い評価を受けました。


「世界最高のGKのひとり」
3月、デュッセルドルフのエスプリ・アレナで行われたドイツ代表対スペイン代表の親善試合に、負傷離脱中のマヌエル・ノイアーは参加できないから、マンシャフトのゴールマウスを守るのは、マルク=アンドレ・テア・シュテーゲンです。

試合前にトニ・クロースは、「私はテア・シュテーゲンのことが大好きなんだ。少し気持ち悪いくらいね。マルクは世界最高のゴールキーパーのひとりだよ。そのプレーはほぼ完璧だと思う。彼の一番の武器はミスを犯さないことさ」を称賛していました。

#1マヌエル・ノイアー, ドイツ代表サッカー選手

#1マヌエル・ノイアー

マヌエル・ノイアー

マヌエル・ノイアーはゲルソンカルヒェンで、サッカー選手である兄のマルセルと一緒に成長しました。1991年から2011年にかけて彼はシャルケ04クラブに加入し、2010-11シーズンにはノイアーがUEFAチャンピオンズリーグシーズンの準決勝に進んで、 同時に、彼はまた最終の本シーズンにチームと一緒にドイツカップを獲得しました。現在、ブンデスリーガ・バイエルン・ミュンヘンに所属し、クラブと代表でキャプテンを務めて、ポジションはゴールキーパーです。

#1マヌエル・ノイアー

ノイエーのバイエルン・ミュンヘンに最初の公式試合は、ブンデスリーガ2011-12シーズンの第1戦でした。シーズン中、チームはチャンピオンズリーグ、ブンデスリーガ、ドイツカップで2位を獲得しました。 2組のカップでは、合計3試合がペナルティ・シュートに引き込まれた.2回の勝利はノイアーの救済の恩恵を受け、バイエルンミュンヘンの第1の目標は、チャンピオンズリーグ最終戦のチェルシーに対するPK戦で行われました。ノイアーは、第4回ドイツカップ決勝に参戦する歴史上で初めてのプレーヤーです。 2011年にシャルケ04でドイツカップを獲得した後、バイエルンミュンヘンで2012年以来3年連続でシーズンを終えました。

2014年5月、ノイアーはブラジルワールドカップサッカートーナメントの準備にドイツチームに選ばれました。メインのゴールキーパーとして、ノイアーは最終的な23人の選手になりました。 7試合で4ゴールを失った彼の素晴らしいパフォーマンスは、ワールドカップ史上4番目のタイトルを獲得し、ゴールデングローブ賞(最高のゴールキーパー)を獲得したことにもなり、ゴールキーパーの意義を再定義したものと見なされました。 メディアは、彼がゴールキーパーとディフェンダーをセットした「ガード」であると主張しました。

マヌエル・ノイアー

2018ドイツ代表の注目ニュース, ドイツ代表 ロシアW杯メキシコとの初戦で敗れた

ドイツ代表 ロシアW杯メキシコとの初戦で敗れた

2018ワールドカップ のグループステージ第1戦が17日に行われ、ドイツ代表とメキシコ代表が対戦した、0-1で敗れました。代表監督ヨアヒム・レーヴはメキシコ戦で5人のバイエルン選手を先発起用しました。タイトル防衛を目指すドイツ代表は、前半はメキシコに苦しめられ、良いパフォーマンスを示すことはできません。23日のグループF第2戦はドイツがスウェーデン代表と、メキシコが韓国代表と対戦する予定です。

ドイツ代表 ロシアW杯初戦で メキシコに敗れた

前回王者のドイツは、トニ・クロースやトーマス・ミュラーに加え、ケガで出場が不安視されていた守護神のマヌエル・ノイアーやメスト・エジルもスタメンに入リました。一方、6大会連続ベスト16敗退のメキシコは、ギジェルモ・オチョアやハビエル・エルナンデスをはじめ、新星ストライカーのイルビング・ロサノ、ドイツのフランクフルトでプレーするカルロス・サルセドなどが先発出場しました。特にGKマヌエル・ノイアー、CBのマッツ・フンメルスとジェローム・ボアテング、そしてSBヨスア・キミッヒを中心とする守備陣は、前半に多くのプレーを求められました。ポジショニングが悪く、メキシコに多くのチャンスを与えるも、ドイツ代表は何とか最終ラインで対戦相手の攻撃を食い止めました。しかし35分にはなすすべもなく、メキシコの素早い攻撃からイルビング・ロサノに先制を成功しました。右ウィングのトーマス・ミュラーをはじめドイツの攻撃陣には、前半に特に言及すべきシーンは見られません。

後半はハーフタイム前よりも良いパフォーマンスを出したドイツ代表だが、依然として決定力に欠け、危険を演出することができません。試合終了まであと15分に迫ったところで、ようやくミュラーやキミッヒが良いゴールチャンスを手にするが、常にメキシコ選手にブロックされたりポストに嫌われて、同点ゴールを奪うことはできません。89分にはユリアン・ブラントに絶好のチャンスが訪れたが、これもポスト直撃に終わりました。先発出場したバイエルン選手5人は試合終了の笛が鳴るまでプレーしたが、ニクラス・ズーレとセバスティアン・ルディは出場しません。1点ビハインドで折り返した王者ドイツは60分、サミ・ゲディラを下げてマルコ・ロイスを送り出し反撃に力を入れる。ロイスは度重なるケガで前回大会やユーロ2016を欠場しており、初のW杯出場となった。ドイツの猛攻を受けるメキシコは74分、アンドレス・グアルダードに代えてラファエル・マルケスを投入し守備固め。マルケスは史上3人目となる5大会連続W杯出場を果たした。

【スコア】
ドイツ代表 0-1 メキシコ代表

【得点者】
0-1 35分 イルビング・ロサノ(メキシコ)

2018ドイツ代表の注目ニュース, 2018ドイツ代表の試合日程

2018ドイツ代表の試合日程

2018年ロシアW杯に向けて32カ国は8つのグループに分かれています。H組はドイツ代表、メキシコ代表、スウェーデン代表と韓国代表を含めています。ここで、ドイツ代表の試合日程を紹介します。

2018 FIFAワールドカップ ロシアのグループステージ初戦が17日に行われ、モスクワのルジニキスタジアムでは前回大会王者のドイツ代表とメキシコ代表が対戦しました。前半35分にFWイルビング・ロサノの得点でメキシコが先制すると、そのまま逃げ切って1-0の完封勝利を収めました。前回王者がまさかの黒星スタートとなったが、チームは危機感に包まれているようだ。23日に行われる第2節でドイツはスウェーデン、メキシコは韓国と対戦します。