keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
2018ドイツ代表 ホームユニフォーム
2018ドイツ代表ホームユニフォーム, 2018ドイツ代表ユニフォーム

2018ドイツ代表 ホームユニフォーム

今年最後の代表戦となる、注目のイングランド代表、そしてフランス代表とのテストマッチを目前に控え、ドイツサッカー連盟は2018年ロシアW杯に向けた新ユニフォームを発表しました。チームの最も象徴的なユニフォームデザインから常にインスピレーションを得ています。長期ジャージサプライヤー、アディダスによって製造されたドイツの2018ワールドカップホームユニフォームが、2017年11月6日に正式に発売され、近々のフレンドリーゲームに登場する予定です。今回ユニフォームは、27年前にイタリアでドイツ代表が優勝したユニフォームを思い起こさせるデザインとなっています。

2018ドイツ代表ユニフォームホーム 2018ドイツ代表ユニフォームホーム

ドイツの2018ワールドカップ新しいユニフォームはドイツの旗の色彩を表現する代わりに、上部前面のグラフィックデザインは、メキシコのトーナメントキットに似た、さまざまなサイズのブラックラインを使用して作成されたグレーとブラックの色合いを備えています。マッツ・フメルスは「もちろん1990年の代表のユニフォームのことは良く知っているし、あのときのことを連想するよね。ワールドカップにむけてワクワクするよ」とコメントしました。

アディダス象徴としているの「三本線」が両肩に配置して、長さも微妙だと思われます。胸の中央には、前回大会王者の証となるチャンピオン・エンブレムを刻みます。胸のバンドも元に戻って、1990年のトップと比較してシャツの上に上がっていきます。オーバーラップカラーは、元のシャツに使用されていたものを直接コピーしたものです。背面の首元には「チーム」を意味する代表チームの愛称「Die Mannschaft」を刻まれています。今回のユニフォームの初披露目は、ウェインブレイにて行われたイングランド代表戦で、ドイツ国内ではその後にケルンで行われたフランス代表戦で着用されました。ドイツ2018ホームキットのショーツはそれぞれ白黒です。後者は、正面のトーナメントのためのユニークなアディダスフォントでの微妙な「DFB」のライティングを特徴としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です